外壁塗装と塗り壁で自然で快適な家にする│昔ながらの知恵

エクステリア

タイミングを知る

オペレーター

外壁塗装のリフォームのタイミングは、常に兆候はないか見ておくことで、知ることができます。劣化のサインが見えてきたら、外壁塗装のタイミングです。早いと、少しの修繕で終了することができます。

詳細を確認する

優れた塗りの一つ

ワーカー

漆喰の使われている塗り壁は、調湿性が高く、カビやダニの発生などを防ぐことができます。有害物質も出ず、自然に帰ることから環境に優しいものとして知られています。耐久性も高く、長く使うことができます。

詳細を確認する

化学物質を抑える

屋根

塗り壁の中には、珪藻土と呼ばれるものもあります。珪藻土は、家の内装などでも使われることがありますが、外の塗り壁としても利用されることもあるものです。有害物質の吸収や分解を行なうこともできます。

詳細を確認する

家の外壁を塗り替える

塗装

どんなに良い家でも、長く住んでいると必ず何らかの不具合が生じてきます。生あるものがすべて滅びに向かうがごとくです。しかし、僕たちには、特に家に対しては、リフォームという方法で滅びに抗することが出来ます。リフォームというのは、意味としてはつまるところ、家を修繕するということで、さまざまな機能や部品の組み合わさった家のこと、それぞれの部位に専門のリフォームの方法があります。雨漏りが起きたら屋根をリフォームしてもらう、壁の塗装が剥がれたら、外壁塗装のリフォームです。今回は、この外壁塗装について取り上げてみたいと思います。壁というのは、ふだん、僕たちがもたれかかったり、サッカーボールをぶつけたりしながら、実は修繕や外壁塗装などのことになると、実はよく知らなかったりするからです。

また、外壁塗装だけでなく、壁そのもののことについても。たとえば、現在注目されている壁としてあるのが「塗り壁」というものです。塗り壁というもの自体は昔から日本にあったもので、世界的にも塗り壁は見られますが、現在、日本の塗り壁は、科学的に見たときの壁の役割などから見直され、注目を集めているのです。外壁塗装のリフォーム、また、昔からあり、しかも現代の事情に住宅事情に照らして注目を集めている塗り壁について、取り上げます。塗り壁というのは、日本では独自の塗り方として昔からある壁のひとつで、主に漆喰塗りのものが知られています。